増席しました!

​人育ての極意

​なぜ、彼女のもとで、人は育つのか?

稲森 愛弓

桑原規歌

​株式会社マイクレド/チェーン店経営者
​株式会社ハートマッスルトレーニングジム 代表取締役
​主体的人生を構築する人材育成トレーナー

​稲森愛弓さんの体験から生まれた人育てのノウハウを

桑原が脳科学の視点から謎解きをいたします!

「稲森さんのお店では、人が育ち、生き生きと働き、だれも辞めない!」
​「稲森さんちのお子さんは、みんな主体的で、自分らしく堂々と生きている!」
周囲から、そういわれるようになった 稲森愛弓さん
 壮絶な子育て体験から生まれた「人育て術」は、今、子育てに悩むお母さん、生徒対応に困っている教師、人材育成に悩む人事担当者、離職が止まらない職場から大きな注目を集めています!
 今回のコラボ講演会では、「稲森さんの体験から生まれた人育てのノウハウ」を、桑原が脳科学の視点で、明らかにしていきます!
第1部  稲森愛弓さんの講演
第2部 桑原規歌による脳科学による人育ての講義
第3部 フロアとの意見交換をながらのトークショー
​1回で3度おいしいスペシャル企画です。
 
​ 
​稲森さんの不思議な魅力
​ 

​稲森愛弓さんとの、出会いは、平成30年6月のとあるプロジェクトでした。

大阪メンバーと名古屋メンバーは、それぞれ、SNS上で写真で顔を知っている程度でした。

桑原は、大阪メンバーである稲森さんの写真を見た瞬間、なぜだか妙に心が躍り、直感的に

「この人に、早く会いたい!話をしてみたい」と感じました。

平成30年6月。

東京で開催された「法人研修マッチングセミナー」で、実際に稲森さんにお会いしました。

想像以上の素敵な方でした。

彼女は、どうして、初対面の人間を魅了してしまうのか・・・!

打ち合わせの段階で、初めてお話をし、彼女のバックグラウンドを詳しく知り、その理由がわかりました。

そして、午後からのプレゼンを聴き「私の直感は間違っていなかった!」と確信しました。

稲森さんが語る内容は、桑原が伝えている脳科学の理論と合致するものでした。

この時に、企業の方だけでなく、学校の先生方や子育てママ、パパにも絶対に聞いてほしいという願いが

むくむくと​湧き上がってきたのです。

​稲森さんの人育ては何がすごいのか

​稲森さんは、

大阪でタコ焼き屋を2店舗経営する女性経営者として、素晴らしい人材教育をされている方。


何がたまげたって
2つのお店のほとんどを、パートさんや学生バイトに任せ
オーナーの自分は、平日ほとんどすることもないという方です。


まだまだ社会経験の少ない学生さんも、稲森さんの「人育て術」によって、

1つのお店を一人で任せられる人材に成長していかれるそうです。

 

本当の意味の「きめ細やかな人育て」


オーナーが週5で休める秘訣は、「信じて任せる」こと!


任せるとは丸投げということではなく、その人が責任をもってお店を切り持ちできるように
丁寧なかかわりをしていくということです。

​ 

「きめ細やかな教育」ということばが独り歩きし、教育の現場でも、なんでもやってあげることだったり、

相手が喜ぶように育てる側がセッティングしてしまうことというとらえ方をしている人も多いようです。

できる人、経験のある人がやってしまうことはとても簡単なこと。

でも、人を育てるってそういうことではないですよね。

一つ一つについて、お互いにその体験を共有しながら、

この体験から何を学ぶのか?

どうすればいいのか?

何ができるのか?

ミスに関しては、どのように相手に謝罪するのかまで

自分が手本となって見せたり、実際にやらせてみたり。

桑原も、講演や研修で「きめ細やかな教育」とは

本当に本当に手がかかる、手間がかかることを、腹をくくってやるということだと

伝えていますが、まさにリンクする点でもあります。

人育ての極意の一つは「見える化」

稲森さんは、採用の面接の段階で
「自分が大切にしていること」を相手に伝え
「それを一緒に大切にしてくれるかどうか」を確認するそうです。


自分の中に仕事に対する理念がないと、語れないことですよね。


そして、バイトとして初めて社会を体験する学生に
店舗を任せるわけですから、様々な人育ての極意があるわけです。


「小学生でもわかるように作業の見える化をする」


「相手の得手不得手を的確に把握し、丁寧にかかわり、苦手を克服できるかかわりをする」


「ミスがあった時、単に叱るのではなく、その経過を十分に聞き、どうすれば次に同じことが起きないかを

一緒に考える」


「そして、それがやれるようになっているかどうかを、確認し、フォローし、

できたことに関してはしっかりほめる」




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうすることによって、スタッフが小さいミスも、ちゃんと報告するようになり、

自信をもって仕事にたずさわるようになっていくそうです。

本当に価値あることを伝えられる人とは?

彼女の静かな強さの根源は、子育てにおける半端ない経験。

発達に課題を持つ3人のお子さんの子育てで、腹をくくってやり遂げた、ものすごい経験値があるのです。

「あなたの子育てが悪いといわれ続ける中、この子と一緒にひとつひとつの出来事に、本気で向き合って、
頭を下げまくる。できごとの一つ一つを、子どもたちといっしょに考えながら、
社会で主体的に生きぬく子どもに育てる!と、腹をくくります。」

その壮絶な子育て体験もお聞き、衝撃を受けました。

子育ても学校教育も、その最終目的は、「社会で主体的に生きていける力をつけること」

そこが、桑原の考えと全く同じで、本当に共感しました。
 
「なんで、私の子どもが・・・」と自分の運命を呪うことなく、
「で、どうする? 自分が何ができる?」
を問い続けながら、お店を切り盛りした10年間だったと、おっしゃっていました。

どんな高額のコンサルタントより、どんな有名大学の先生の理論より、腹をくくって現実をやりぬいた人こそ、
本当に人に伝える価値を持っているのです。

自分の現実に真剣に取り組みながら、自分でしか語れないコンテンツを語ることができる人は本物!

講師になるために何かを学ぶ人と、
自分の現実に本気でかかわったその経験から生まれた信念に基づいたノウハウを伝えていこうとする人は
人の心に伝わるものが全く違います。
​聴く人の心を揺さぶる講演をぜひ、多くの方に聞いていただきたいと思っています。​

 
家庭教育、学校教育、社会人教育に共通する
『人育てメソッド』を伝授!
​子育てに自信がない。迷うことが多く、自分のやり方に自信が持てない。
​子育てに関して、周りの評価が気になる。
​発達に課題を抱える子どもへのかかわり方を知りたい。
​学校で、指導に困る子どもたちがいる。
​部下のやる気を引き出したい。
​主体性を育てるためのかかわり方を知りたい。
当日の講演では、稲森さんから子育てや会社における人育ての実際やそこで大切にしてきた考え方
お話ししていただき、そのあと、桑原がその科学的根拠を脳科学の視点から解説いたします。
その後は、フロアの皆様との意見交換をしながらのトークショーです。

1粒で3度おいしいコラボ講演会となっています。
家庭、学校、企業・・・などの現場を超えた大切な原理原則をお伝えします。
あなたのお悩みや迷いにたくさんのヒント!
​ 
 
​講演会開催の詳細
日時:平成31年 2月9日(土)  14時~16時30分
会場:橿原コンベンションルーム ミグランス (奈良県橿原市役所4F) 
アクセス → http://migrans.jp/access/   (近鉄大和八木駅から徒歩3分) 
 
受講料:5000円 (お支払いは銀行振込のみ)
定員:40名【満席につき増席! 50名までOK】
​◎意欲や能力を引き出す人育てのポイントがわかる。
​◎うまくいかなかった時のフォローの具体的な方法がわかる。
​◎人育てにおいて、ぶれない軸を持つためのヒントが得られる。
​◎子ども(部下)が、意欲をもって行動するための関わり方がわかる!
​◎人育てにおける具体的な困った状況についての対応方法がわかる。
​◎トラブルが起きた際の対応の方法がわかる。(子ども同士のトラブル、クレームなど)

​講師

稲森愛弓
株式会社マイクレド・チェーン店経営者
稲森愛弓事務局代表
​プロフィール ⇒ https://a-mind.co.jp/staff/p01/
​桑原規歌(桑原朱美)
株式会社ハートマッスルトレーニングジム代表取締役
​主体的人生を構築する人材育成トレーナー
​働く意識向上LABO 代表
​プロフィール ⇒ http://heart-muscle.com/profile/

​申し込み

主催・お問い合わせ先   株式会社ハートマッスルトレーニングジム
​   (0568) 70-0641  http://heart-muscle.com/contact/
logo_footer.png
fbtn_contact.png
fbtn_kouen.png
btn_hoken.png
btn_freemail.png
btn_mailmaga.png